藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

ローズマリーの刈込をする

ローズマリーの刈込をする

近隣の農家では、早稲の稲刈りが始まっており、
一晩中乾燥機の音が響いています。

今まで前後の家で乾燥機の音が鳴り響いていたので
かなりの騒音でしたが、3件の農家が米作りを
やめたので、裏の家の稲刈りが終わるまでの我慢です。

今年は水不足で、散水しているにもかかわらず、
立ち枯れる庭木もあるほどですが、それでも草だけは
ボウボウに生えてきます。

コシヒカリの刈り取りまで待っていたら、生け垣のローズマリー
の刈込も遅くなるため、枯れ葉やクモの巣、ゴミなど箒で叩き
ながら、ローズマリーの刈込をしました。

裏の生け垣のローズマリー


裏の道路に大きなもみ殻袋を並べるため、
刈込ももみ殻袋を運び出した後、車に気を
つけながらの作業となりました。

ですから、かなりの時間がかかってしまいました。



盆過ぎても気温が高いため、
2時間も作業すると息切れするほどとなります。

刈り込んだローズマリーもすぐ乾きます。

乾燥中のローズマリー



ローズマリー染めはハーブの中では堅牢度も高く、
カモマイルと同じくらい毎年利用しています。

解いて溜まっている胴裏をもう少ししのぎやすくなったら、
まとめて染めておこうと思っています。




コメント


認証コード8831

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional