藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

例年より早く藍を刈り取り始めました

例年より早く藍を刈り取り始めました

今日は太平洋側、ここも豪雨予報で、
激しい雨が降り続いています。

例年より早い時期に藍の葉も大きくなり、
少し込み入ってきましたので、一昨日、
少し藍の茎を刈り取ってみました。

刈り取った藍1

刈り取った藍2

これらは乾燥させていますが、
昨日は曇り空であまり乾きません。

大量に刈り込んでも、梅雨に入るのはこれからで、
せっかく刈り込んだ藍の葉がかびても困るし。



今日の雨の中の藍はこんな感じで、
スプリンクラーが見えなくなるほど込み入っています。

6月18日藍の畑

この雨でもう一回り大きく生長することでしょうね。

藍の中の草は気が付くと抜いているのですが、
雨が降ると草も目立ってきます。



本当は追肥する予定だったのですが、
タイミングが合わず追肥できていないのです。

5月30日の時点で、藍の畝と畝の間に米ぬかを追肥しました。

5月30日の藍の畑

所々、畝の中に土が見えている場所は、
あまり根が張っていない小株を掘り出し
発送したからです。



明日明後日は晴れ模様ですから、
明日は藍をできるだけ刈り取って
乾燥させておかなければ。

急遽、4日ほど前バンダナを染めようと思い、
3日ほど染め重ねているうちに、ランニングや
Tシャッツも染めました。

バンダナなどの藍染1

バンダナなどの藍染2

一部のバンダナや長袖のTシャッツは、
時間を作って染め重ねる予定です。

庭にでたり、畑の中に入ると、
とにかく蚊がすごいんです。

藍染めの長袖の上着などは、
蚊や虫対策のためにも必要なんです。

この雨で外に出れない「きなこ」も
そばで丸まっておねんねです。

太平洋側の線状降水帯被害も
無難に過ぎ去りますように。



コメント


認証コード3824

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional