藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

藍の乾燥葉のアルカリ建とスクモ

藍の乾燥葉のアルカリ建とスクモ

冷涼な風も吹くのですが、如何せん暑すぎますね。

刈り込んだ藍を乾燥させて、カリカリの葉になったら
茎葉を取り除く予定でしたが、如何せんやることが多く
なかなか乾燥葉を取り分ける時間が取れませんでした。

どんよりとした雲ひとつなかったのに、いきなりの豪雨が・・・
あわてて軒先に取り込んでも雨に濡れてしまいました。

これが1回目・・・

そのあと、濡れた藍の茎葉を広げて乾かし、
なんとか、カビをはやさずに済みました。

そして、2回目の土砂降りは、ちょうど田んぼの様子を
見に行った時、ずぶぬれで帰ってきてから、慌てて、
取り込みました。

そして、また広げて乾燥させました。



さらに、ちょっと買い物に行った時に・・・

さすがに3回も濡らすと、また、いつ天候が急変するか
わからないし、どうしようかと少し考えて、泥はねが
付いたものを洗い流してから、乾燥茎葉のまま建てました。

茎が邪魔で建てるのも大変でしたが、
何とか、翌日には建ちました。

このアルカリ分は、ファイルにはないやり方ですから
新たな検証ファイルがまた一つ増えることになります。



しかし、茎葉が邪魔で大きなものとか、無地は染められないので、
絞ったものを染めてみることにしました。

アルカリ建で染めた綿



泥藍建てで染めたときより、やや緑味を帯びた藍色です。



濡らした藍の茎葉もできるだけ茎を取り除き、
スクモを作り始めています。



コメント


認証コード9964

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional