藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

糸の藍染め

糸の藍染め

今は作った泥藍を建てて、手紡ぎの綿糸や
紬、真綿糸を藍染めしています。

もちろん、糸は灰汁で精錬したわけですが、
手紡ぎの綿糸は油分が案外多かったんです。

ですから、精錬にはかなりの時間がかかってしまいました。

綿糸はだいたい染めあげてみたけど、このくらいで済ませようか、
それともあと数回染め重ねようか、ちょっと悩んでいます。

藍染めの手紡ぎ綿糸

お盆といえども、毎日遠方よりの来訪者が続いておりましたから、
一度に何度も染め重ねることができないのが返って都合がいいです。

光線の具合でちょっと薄く写っていますが、昨日の来訪者Sさんも
好い色ですねと見惚れていたほど、しっとりと染めあがっています。

13日に来訪したMちゃんが見た時より、染め重ねていますよ。

染め上げた綿糸を見ながら書いているわけですが・・・

やっぱりここで止めておいて、暗所に1年ほど寝せることにします。

ハイ、次は紬糸や真綿を染め重ねます。




コメント


認証コード0012

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional