藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

幻想的な世界と希望の春

幻想的な世界と希望の春

24日夜8時前ころから、何やら白いものがちらほらと
降り始めたかと思いきや、急激に冷え込んできました。

夕方電話が何本か入ったため、
まだ仕事場の蛇口を出しっぱなしにしていない。
急がなくてはと思いながらも…

徐々に澄んでくる空気に身も心も引き締まり凛としてきます。
すでに停電地域や電車や車の中にとじ込まれた人々がいる
というのに、
しばし、幻想的な世界に引き込まれてしまいました。

雪景色1


雪景色2



今この時に辛い思いをしている人がいるというのに、
不謹慎かもしれませんが、この幻想的な世界を藍を表現するなら・・・
とイメージングしてしまう。

この奥には今は見えないけど、木々などもあるわけです。

奥深さがあります。

夜中には雪もやみ、一面の雪景色。

雪景色3


吐く息も白く、凛とした空気を吸い込み
繰り返しているうちに、どういうわけか、
そうだ、ブラックホール撮影されたよなあ~と。

エネルギーを吸い込んだらその後どうなるのか・・・
入ったまま、戻ってこないのか・・・
そのエネルギーはどうなるのか・・・、

表現してみたい・・・

しばし、時間が止まります。



寒い、寒い、キナちゃんもコタツに入ろう。
暖房は、コタツのみですから、家の中がいかに気温が低いか。

朝、同じ場所からの庭です。

雪景色4


昨夕、Mちゃんから電話が入ったときに、
梅の木の枝がところどころ光っていたような気が
するので、確認してみると・・・

梅の木の枝に一輪どころか、上のほうの枝に
たくさん小さな花を咲かせています。
枝の剪定ができなかったので、少し小ぶりの花です。

梅の花



梅の花が咲きだすと、どんなに寒くても
春の訪れがもうそこまで来ていると思ってしまいます。
心も思いもソワソワしてきます。

現実はまだまだ水道管の凍結にも気を付けなければ
ならないのに希望の春が近づいてきているのです。



暖房もなくこの厳寒の中、やはりカイロって便利ですよね。
私も少しの遠出の場合、カイロ、飲料水、毛布、それと
オシメパンツも必需品かな。



ところで案の定、ドイツは戦車の供与を決定したようですね。
7年前の経済紙にはドイツが中心にいましたから。

本日のヤマトのドライバーさんも、少し遅い時間帯に来訪で
かなり混雑したり停滞している模様です。
海外の物流も停滞気味だし、私たちの暮らしに影響も。

気になっていた綿花もNY相場で高騰したみたい。
遺伝子組み換えの綿花のことなどもまた後日。


コメント


認証コード6322

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional