藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

ウォード、タイセイの定植

ウォード、タイセイの定植

Tag: ウォード タイセイ

コボレ種で増えたウォードもすでに何やら花芽が立ち上がりそうです。

花芽が出始めたウォード



花芽が立ち上がりそうにない株もありますが、
ポットにウォードの種を蒔いておいたものを
庭の片隅に定植しました。

ポット播きのウォード



直根なので、あまり遅くなるとどんどん根が大きくなって
トロ箱の底を突き抜けてしまいます。

定植後、まだ水を与えていませんが、
今週あたりには、また雨模様ですから
自然の恵みを利用するtことにします。

定植したウォード



ウォードの種は、あんがい丈夫でほとんど発芽しますね。

問題は、ウォードにはあまり藍の色素がない、
タデアイやキアイと比べたらってことだけどね。

でも、北海道のアイヌの人たちが染めたものは
あんがい濃い藍色に染まっていますからね。

北海道でも藍の発酵建ては可能ということですよね。



タデアイを中心に栽培して、染めているので、
ウォードはお試し、検証ということで栽培し、
いろいろ実験検証しています。



ウォードの特徴として、あまり手がかからずに
栽培できるのがいいですね。

でも、あまりほったらかしにすると、
繁茂しすぎて手に負えなくなるのも難点です。

ウォードはシルクの煮染めが、何とも言えぬ
柔らかく、優しい色を染め上げます。




コメント


認証コード6254

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional