藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

ミカンとみかんの皮

ミカンとみかんの皮

Tag: みかん、みかんの皮 浴用

例年、倉敷の叔父がみかんを10キロ送ってくれますが、
お年賀でも1箱頂いたため、毎日、飽きるほどみかんを頂いています。

みかん



ご近所の人におすそ分けをと思ったら、だいたいみかんが
ある人ばかりで断られてしまった次第です。

みかんは風邪予防にも美容にも毎日摂取してもいい、
ビタミンCたっぷりですからね。

千葉県内でインフルエンザが流行しているらしく、
毎日、インフルエンザ予防の有線放送が流れていますから、
自分の体は自分で守る必要がありますよね。

でも、これだけ大量のみかんがあるわけですから、
みかんの皮も利用しない手はありませんよね。



みかんを食べる際に、蒸しタオルで皮をよく拭いておきます。

消毒などは、出荷する1か月以上も前に終わっているはずですから、
農薬の残留物が皮に付着している可能性は低いけど、念のために
湯洗いするか、よく拭くというだけです。

そして、みかんを食べて、その皮を縁側で干すわけです。

カラカラに皮が乾いたら、晒し袋に入れて、
みかん風呂に入るつもりです。

みかんの皮を干す



また、みかんの皮を染料としても利用できます。

アルミ媒染で黄色系を染めるわけですが、
もうみかんの皮染めは飽きていますから、
私はする予定はありませんが、試したい
人は試してみるといいでしょう。

媒染剤を変えると、黄色系、緑系、茶系と染めることができます。



庭にかんきつ類を植えておくと、目に鮮やかなオレンジ色が
冬枯れて寂しい風景に温かみを与えてくれますね。




コメント


認証コード0270

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional