藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

乾燥させた綿を試しに紡いでみる

乾燥させた綿を試しに紡いでみる

Tag: 綿を紡ぐ

コットンボールからはじけた綿を天日でよく乾燥
させたものをそれぞれ試しに、ほぐさずにそのまま紡いでみました。

アップランドの綿

アップランドを紡ぐ

茶綿

茶綿を紡ぐ



青銅

青銅を紡ぐ



種の更新のために栽培しているので、それほど多くはないけど
アップランドは収量がかなりいいほうだと思う。

茶綿と青銅は、栽培場所や天候、追肥によって生育にもバラツキが
あったため、良質の棉が少なかったです。

でも、とても紡ぎやすいです。



青銅は、色が不安定だし、ため込んいる数年の間に
色が退化してしまうから、使用する際には一工夫する
必要がありますが、繊維はとてもやわらかいです。



定番の白と茶綿を栽培するだけでいいと思っています。

何しろ、ほとんど染色して利用するわけですからね。



さあ、この冬どれだけ糸紡ぎを楽しめるかが問題です。




コメント


認証コード2877

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional