藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

梔子・クチナシの実が色づく

梔子・クチナシの実が色づく

Tag: 梔子 クチナシ クチナシの実 染料

庭の梔子・クチナシの実が色づき始めました。

実がつく大株のクチナシの木と実なしの大株クチナシの木、
まだ花もそれほど咲かない小株のクチナシの木の3本あった
けど、大株の実クチナシの木が枯れてしまいました。

隣家で撒いた除草剤がかかって枯れてしまって、
とても残念に思っています。

いくらクチナシの花が食べれるからといっても、
煮るとヌルヌルするのでヌルヌル食品が好きで
ないから食べれないんですよ。

ですから、香りを楽しむだけです。

小株から、やっと3個のクチナシの実がなりました。

クチナシの実



これではとてもじゃないけど、きんとんも作れませんね。

少しずつ溜め込んだとしても、何とも気の長い話で
いつになったら染めることができるのやら。

どうしてもクチナシ染めをやりたかったら、
染料店で買ったほうが早いですね。

それでも、楽しみがあるのでクチナシを植えたんですけどね。
色づいたクチナシの実を見ただけで、心が楽しくなります。



古代から染色に重用されており堅牢度もいいから
一度試されるといいかもしれません。

黄色ばかりじゃイヤと思う人は、鉄媒染するといいかも。




コメント


認証コード9548

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional