藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

藍畑に冷涼な風が吹き始める

藍畑に冷涼な風が吹き始める

Tag: 栽培 生長

この間の台風の前後から、朝晩、あるいは、
時々冷涼な風が吹き始めました。

藍畑の様子

藍は、青のホースの右側が3番刈りができそうという感じで
左側が2番刈り後の生長中の藍の草です。

良い種を取るにしても、藍の葉を刈り取るにしても、
やっぱり追肥をしないといけませんから、鶏糞を与えることにしました。

今年はどういうわけか、米ぬかが入手しにくく、
追肥にあまり利用できなかったんですよね。

これで夏が終わるわけでもなく、まだまだ暑い日々は続くけど
いつ気候が変化してもいいようにだけは対処しておかなければ・・・

花が咲き切るまでは有効に藍の葉っぱを利用したいものです。
でも花が咲き、種を取ったあとの藍の茎葉も利用しますけどね。

それにしても今年は雨不足で毎日の散水に手がかかっています。



藍を楽しむ受講者さんは、それぞれ住む地域がバラバラですから、
それぞれ地域環境が違いますので、すでに花芽が立ち上がり始めたところもあります。

まだまだ藍を楽しむことができますが、どこで切り上げるかは
それぞれが対処してくださいね。何しろ炎天下での作業が続い
たはずですから、体力も消耗しているはずです。

無理をせず、体力回復もしてほしい・・・




コメント


認証コード0974

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional