藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

スクモは藍玉にしてみました。

スクモは藍玉にしてみました。

出来上がったスクモはそのまま保存でもよかったのですが、
すぐに灰汁建てしないし、縁側に座って団子を作ってみました。

スクモの藍玉



梅雨に入るころまでには、乾燥してほしい。

籠をビールケースの上に置いて、一つづつ丸めては、
押しつぶし、籠の中に入れます。

スクモの藍玉2



いざ、持ち上げて軒先にぶら下げようとするのですが、
筋力がないため、たったこれだけのことが重労働と
なってしまいます。



藍の乾燥葉はまだまだ数キロあるのですが、
茎が付いているものが1キロほどあるので合間に
茎を取り除かなくてはなりません。

今回はそんな中、900gの乾燥葉から作ったスクモです。
これは仕事場での作業ではなく、母屋の土間で仕込みました。

一段落したら、残りの乾燥葉でまたスクモ作りをするつもりです。



コメント


認証コード6906

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional