藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

泥藍で染め始めました。

泥藍で染め始めました。

Tag: 泥藍 藍染 亜麻布

受講者が昨日建てた泥藍の残りの藍液で
亜麻布を試し染めしました。

藍の華からすると、もう色素はそれ程ないはず。



1回目の藍染め

亜麻布の泥藍染め1回目

3回目の藍染め

亜麻布の泥藍染め3回目

このくらいがいい。



これは亜麻布の残り布ですが、もう亜麻布は手に入らないため、
中途半端なサイズでも有効に利用したい・・・

大判のストールにはなりますよね。



多分、強い日差し、紫外線で髪の毛がかなり傷むため、
野良仕事をする際に、頭にかぶると思います。

汗を拭いたり、汚れた手を拭いたりするはずだから、
きっと、かなり汚れるはずだけど、染め重ねていけばいい。



汚れたら洗う、それを何度も何度も繰り返していくと、
この亜麻布はさらにしなやかになってくるんです。

一番最初にこの亜麻布を染めたのは20年以上前だけど、
その頃に染めたサマーワンピがだんだんしなやかに・・・



毎日毎日、使っては洗うことを繰り返したとしても
好みのしなやかさになるには何年かかるのだろう・・・




コメント


認証コード5449

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional