藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

タデ科のスイバ、ブロードリーフ

タデ科のスイバ、ブロードリーフ

Tag: タタデ科 スイバ ブロードリーフグ

丈の長い茎には新緑の矢形の葉をつけ赤緑色の花穂を
立てるタデ科のスイバは、ブロードリーフとも呼ばれます。

スイバ

子供のころはお菓子などのおやつなんてめったに食べることは
できないため、近所の子供たちと一緒にスイバをよくかじったものです。

同じタデ科のルバーブやギシギシなどと共に葉でも染められます。
葉や葉柄で染めると黄茶系を染めることができますが、赤みを帯びた綾のある柄と葉から、灰青色が染まることがあります。

しかし、根だけを染めるとしっかりとした黄色染料が取れます。

散策すると、神社の境内には、いろいろな草が生えています。
これらスイバもスコップで掘り上げることができればよいのですが、
神社総代にお願いしても果たしてよい返事を頂けるかどうかは疑問です。

単に少しだけ試し染めをするならまだしも、糸や布を染めるとなると、
大量に必要となるため、集めるのも大変ですね。

それにしても見事な花穂ですよね。

スイバの花穂




コメント


認証コード7023

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional