藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

エビス草・ハブ草の種を炒る

エビス草・ハブ草の種を炒る

Tag: エビス草 ハブ草 健康茶 焙煎

昨秋に採取したエビス草(ハブ草)の種を取り出し、
テフロン加工のフライパンで炒ってみました。

エビス草を焙煎する



エビス草は、生の茎葉・花を染色すると、黄色系に染めることができます。
しかし、絹染めは今のところもういいって感じで、綿を染めるには分量が
足りないため、今回は種を乾煎りした次第です。

とろ火で炒ること、ちょっと時間がかかったような気がします。
日中は野良仕事や染め仕事で忙しいので、夜一段落してから、
薄暗い土間で七輪に炭を熾しての作業でした。

媒染状態がわかりにくいため、ほどんど媒染の香りで判断です。
最初のうちは何だか青臭いような臭いで、あまりいい匂いでは
ないのですが、だんだん種がバチバチ跳ねるようになってくると、
香ばしい臭いがして健康茶らしくなってきます。

焙煎したエビス草



土間でしゃがんで竹杓文字をこまめに動かすこと、
20分以上かかったような気がします。

しゃがみ姿だったんですが・・・

ぴちっとしたGパンを穿いて、長時間しゃがむものではありませんね。
足が疲れすぎてしまいました。

今年は、いろいろな薬草茶を作って、
その都度、ブレンドして試し飲むつもりです。

焙煎したエビス草の味見はまだしていません。
明日の晩は、ごぼう茶つくりをする予定で、
予定が未定で終わる可能性もあるかもしれませんね。




コメント


認証コード0180

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional