藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

インド綿のガーゼ織ストールを灰汁精錬する

インド綿のガーゼ織ストールを灰汁精錬する

Tag: インド綿のガーゼ織 ストール 灰汁 精錬



輸入業者が取り扱っているインド綿にもいろいろありますが、
今回はインド綿のガーゼ織ストール(94×170㎝)綿100%を
灰汁で精錬しました。

灰汁で精錬中のインド綿のガーゼ織ストール



もともと漂白されているのですが、何分にも汚れもあるし
湯洗いだけではその汚れも落とせず、中性洗剤で煮洗いし
てもいいかなあと思ったのですが、木灰の灰汁を作って、
その灰汁で精錬した次第です。

特に房部分の汚れが目立っていましたね。

水からストールを入れたのですが、温度が上がるにつれ
精錬後の洗い不足だったことがうかがい知れます。

日本の染色専門店で販売されている染色専門の布などの場合でも
湯洗いしてから染めるもの、その基材によってはもう一度精錬を
しなおす必要があるものもあります。

いろいろな基材を染めてきましたが、やっぱり我が国の製造する
布などは、技術面においても世界で一番優れていると思います。

几帳面な特質が現れているんでしょうね。

まあ、ガーゼ織ですからとても薄く弱いですから丁寧に取り扱います。

灰汁精錬したインド綿のガーゼ織ストールを干しているところ



気になっていた房部分の汚れもきれいになりました。

きれいになった房部分



これからさらに前処理として染材を生かす
濃い染め処理を行って草木染に入ります。

この濃い染め処理もそれぞれの染材を
生かすようにしないといけませんよね。

この辺はやはり経験値ということにもなるかもしれません。

面倒くさい工程でしょ?

染色材料店などで取り扱っているインド綿のガーゼ織ストール
より幅が少し広くて価格も少し安いんです。




コメント


認証コード9214

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional