藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

アップランドの茎ごと切ってコットンボールを干す

アップランドの茎ごと切ってコットンボールを干す

Tag: アップランド綿 コットンボール



アップランド綿はアメリカで生産される綿の中でも
多量に栽培生産されている中繊維 (22.2~27.8mm)の種類です。

これが、アップランドのコットンボールの外観です。

アップランドのコットンボールの外観



この寒い中、けなげに花が咲いても霜でしなっています。

霜枯れた棉の花



シーアイランド綿よりは多少劣るようですが、
ほとんどの衣料用素材として使用されています。

種薪きから収穫までは、約4か月から6か月かかるわけですが、
まだ、コットンボールがはじけていないものがあります。



綿繊維というのは種子の表皮細胞が成長したものです。
花が咲いて花色が変化して、開花後1~2日ほどで落ちます。

その後で、中に種子を含んだ子房が膨らんでくるわけです。



この種子の表皮細胞が成長して、綿の繊維を作り出し、
繊維を内部に含んだものをコットン・ボールと呼んでいます。

繊維が水分を失って乾燥すると、コットン・ボール表面の表皮が
剥がれて表面に顔を出してくるわけです。

表皮が剥がれて顔を出すコットンボール



とにかくこの寒さですから、コットンボールも縮こまってしまいそうですよね。

霜でやられてしまうため、茎から切ってドライにしているところです。




コメント


認証コード7472

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional