藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

藍の芽出しとポット定植始める

藍の芽出しとポット定植始める

冷たい雨は止みましたが、気温が上がらず、
まるで冬のように寒いです。

3月初旬から随時蒔き始めた藍も芽だし、
一部をポット定植をし始めました。



芽出した藍やポット定植した藍たち

種蒔きから約2週間ほどで芽出しします。

芽出した藍1



だんだん出そろってきます。

芽出した藍2


芽出した藍3


本葉が出始めたころ合いを見て、ポット定植し始めました。

藍のポット定植1


藍のポット定植2


土は、畑の土と培養土、もみ殻燻炭を混ぜて使いました。


ポット定植の土


寒暖差が激しいため、藍の苗も風邪をひかないか
ちょっと心配になりますね。

先日のように雪が降った場合は、ビニールなどで
覆いをかけてあげないと、芽出した藍は傷みます。

ここ数年、4月や5月に入っても、霙や雹が降って
畑に定植した藍の苗の葉が傷んだこともありますが、
茎さえしっかりとしていれば、節から新たな脇芽が
出てくるので復活してきます。

藍の種蒔きから始めた人は、4月末から5月の連休にかけて
庭や畑、プランターなどに移植すればいいと思います。



コメント


認証コード6878

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional