藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

冬の柑橘類の採取と楽しみ

冬の柑橘類の採取と楽しみ

冬枯れた庭に甘夏が色を添え、和ませてくれますが、
時折、「シギ」が飛び立っており、食べるものが
ないのかと心配しています。

冬枯れた庭に色を添える甘夏



近づくと、スズメなどもが一斉に飛び立ちますので、
野鳥の写真がなかなか取れません。

甘夏は、酸っぱいのでそのまま食することはなく、
いつもご近所の老女に差し上げています。

昨日、車で来訪のOさんにも
ごてっと持って帰っていただきました。

どうも酸っぱいのは苦手です。

オレンジやミカンは不作でしたが、
レモンもたくさんなっています。

レモン
 


レモンは取るタイミングを間違えるとスカスカに
なってしまうので、少し早めに取って切ってみると、
案外みずみずしく香りもよいので、すべて取り、
はちみつ漬けにしておきました。



昨暮れにつくったユズ酵素は、酵素汁だけを飲んだり、
大根の漬物に利用し、おおいに重宝しました。

残りのユズカスは、米のとぎ汁の発酵に利用し、
まだ早いですが、出来上がった乳酸菌で堆肥に混ぜると、
よい香りがして、まったく臭くなりません。

カスまで大いに楽しめますね。
もちろん、ユズの種はアルコール漬けにしてあります。



あともう少しすれば、まずはジャガイモ作りのために
畑に堆肥を鋤き込むこととなりますね。

野良仕事の中で一番やることがない、
退屈の虫が騒ぐ年寄りが集まる時節です。




コメント


認証コード1347

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional