藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

冬の染め

冬の染め

寒い冬の間に染めたものが、これです。

冬の藍染め他



染めをするときは、できるだけ晴れの日でして、
布を晒すのは曇りや雨でもするのですが、今回、
どんな天気でも染めてみるということを試みました。

雨の日や風があまりにも強すぎる時は、屋内での染を
して、約1か月間、講習の合間に必ず染めるということ
を、試みたわけです。

屋内で染めるということは、集中講習の申込以外することは
まったくと言ってないのです。

ほとんどすべて、紫や紅花の赤以外は、野外での染色をしています。



まあ、年齢を重ねますと、体力がもつかどうかも
不安でしたので試みた次第です。

まだまだ体力・気力共に大丈夫なようです。



しかし、急にガクッと来るといけませんので、
睡眠だけは、ある程度とるようにしています。

おかげさまで横になれば爆睡できます。

でも、この1年半の間、夜寝るとノソノソと静かに近寄って、
腕枕でバジルが寝るようになってしまいました。

明け方には、離れてコタツの中にもぐっているようです。
おかげで目が覚めると、腕が凝り固まることが多くなりました。



異常気象で多少狂ってはいますが、暑さ寒さも彼岸まで
と申しますし、これからは草とも戦いながらの野良仕事
も増えます。




コメント


認証コード2308

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional