藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

1月17日の憂いと冬枯れの藍の庭

1月17日の憂いと冬枯れの藍の庭

今朝は霜も降りておらず適度な湿り気のため、
藍の枯れ草を抜き取り焼却した一部に苦土石灰と
米ぬかを少々振りかけておきました。

冬枯れに庭1



まだ、藍の枯れ草がたくさん残っているのですが、
無理をせずおいおいに片付ける予定です。

冬枯れに庭2


大根1本抜いて、外回りはお終い。



28年前の1月17日、喪服を着たまま呆然と
立ち尽くしていたことを記憶しています。
昨日で阪神淡路大震災から28年です。
たくさんの被災者の方々のご冥福をお祈り致します。



1月17日とは、世界的にも事故や、災難が多い日でした。

1991年には、 多国籍軍のイラク空爆開始により湾岸戦争が勃発しました。真っ暗闇の中に多くの閃光がいまだに脳裏に焼き付いています。



成田空港への航路の変更と低空を飛来するため、
騒音が大変ひどくなっています。
それぞれの航空機によってエンジン音がかなり違うし、
朝早くから夜遅くまで少しうるさいですが、イライラ
するほどではありません。

後、5~6年後にはもっと騒音がひどくなるようです。
防音工事の順番はまだまだ数年後くらいか。



航空機の騒音に絡めて思い起こすのが成田闘争でして、
50数年前のこと、成田空港が開設されてできたホテル
の花屋で購入したのが、ローズマリーの苗木。

これが代々挿し木で増やして生垣にして、
毎年刈り取っては利用しています。

ローズマリーのドライ



ですから、1年に一度のローズマリーの刈り取りには、
町の発展にも多くの犠牲があったことを思い起こすわけです。



ある時、コタツでうたたねをしておりましたら、
「バリバリ」というものすごい騒音がして、
「アパッチ」の攻撃かもと飛び起きたことがあります。
寝ぼけていたんですね。

私の潜在意識の中にはベトナム戦争のことが残っているんですね。
これは台湾侵攻や北朝鮮からのミサイル発射とか、防衛費とかの
ニュースの影響かもしれませんね。

頭上を何度も旋回する「アパッチ」と思ったヘリコプターは
ドクターヘリで降りる場所を探していたんです。



潜在意識の中に戦争や争い、災害など恐怖を覚えることが
刷り込まれているものなのですね。

人が人を、国が国を支配したとしても永続した時代はないはずなのですが、やはり、耐えられないものがあります。



昨日はこのように色々なことを憂いながら、
思い起こすことが多かったのですが…

新聞の記事を見て、まだ犯人は捕まっていなかったんだ。
当時同じような事件があり、もう一人の被害者も知り合い
だったため、勘違いしていたんですね。



15年前の1月17日、友人のお父さんが殺害されました。
その後、すぐ彼女が訪ねてきてその話をしていたのですが、
現場を見た息子さんが一人でいられなくなり学校にも行け
なくなったことなど色々話をしたことがあったのですが・・・

その後も電話で話したことはありましたが、息子さんの状態を確認したり、台風の被害の時に状況を確認した程度で、すっかり忘れてしまっていたことに気が付きました。



昨日は、JR姉ケ崎駅前で、被害者の遺族らが
情報提供を求めるチラシを配りました。

昨夜は、自分の思いやりのなさにつくづく嫌になり、大いに反省した次第です。今朝、時間を見計らって彼女に電話するも出ないので、時間をおいて2回目の電話でお話しすることができました。

言い訳になるかもしれないけど、来訪した際、胸のつかえがとれてすごく楽になった、また頑張れるということを聞いて、息子さんのことだけを気にかけていただけでした。
ああ、思い込み、まったくのいいわけですね。



この前話したのが、台風15号の大被害の時でしたが、その後ケガをしたり、お母さんが認知症になり特老に何とか入所できたとか、働けないからお金が無くなったとか、まず、謝罪してから、いろいろなことを話し合いました。

不動産の固定資産税が馬鹿にならないけど、がけ地、古墳、事故物件、はい、処分しにくい土地ですね。

相続登記の申請が義務化されます。
確か、令和6年の4月だったかな?

相続土地国庫帰属制度の創設はこの4月からですが、危険ながけ地がある土地はダメ、埋設物がある土地は発掘が始まればダメ、事故物件はなかなか買い手も借りても見つからないのが現状。



そこで、母息子には理由を説明してある2つのことをしていただく約束をしました。これで最初は重いけど、動き出すはずです。宗教ではありません、科学です。

一緒に話を聞いていた息子さんが、私と話したいというので、
昨日は、フラッシュバックおきたでしょ。心も体も固まってしまったかな?
息子さん、きちんと挨拶もでき、正直な子でした。

今は、アレルギーもひどいし、働くこともできないし、
夕方、犬の散歩に出かけると、見てはならないもの、お化けがたくさん出てくるらしい。

以前、統合失調症の2人の息子さんを抱えたうつ病の女性が、
草木染めのを受講した際、彼女が変化したら、息子さんたちが少し時間がかかったけど、自立できるようになったことがあるため、
どういうことが起きているのかを簡単に説明して、まずは、食べるものからアレルギー体質を治していこうよという話になりました。



ご主人を病死されてから、女一人でお子様2人を育て、介護もしながら、ほかの兄弟の面倒も見ながら、愚痴ひとつ言わず、一人で、ガリガリの体で頑張ってきました。

ほんとうにもの静かで、口も重く、口から吐き出す一言に重みがあります。まあ、なんといいましょうか、私とは、まったく違いますね。



ヨレヨレで暗い顔のお母さんの顔なんて見たくないでしょ。
穏やかで笑顔の絶えないお母さんでいてほしいでしょ。

自分のアレルギー体質は、自分で改善しようよ。
2年くらいかかるかもしれないけど、体を冷やさないように、
血をきれいにすることを考えよ。

本屋さんで粗食の本でも探してみたら、お母さんからお金は貰ってね。おばちゃんは買ってあげるとは言わず、自分で探すように突き放します。

それならできそう、面白そうと、元気な声で約束を。

いつもよりほんの少しの力を入れればいい、
手抜きをしたいときは抜けばいい。

あとは、問題のある事柄が何とか無難に収まるべきところに
収まるように祈るだけ。



それから、コロナ検査してから陰性であれば、今日入院して、明日手術する人がいるから、メールで確認して、近所のじっちゃんと少し会話しました。

排水溝の蓋が壊れていたので、中を掃除して余分な土を取り除いて、

排水溝1



コメリで買って、少し蓋の厚みがあわないけどうまく収まりました。けっこう重さがありました。

排水溝2



この道路は町道なので、町の建設課に連絡すればすぐ修復してくれるのですが、袋小路になっているため、町で排水溝の工事をしてくれませんでした。ですから私費で入れた配管です。

造園屋の車とか、ガス屋とか、関電工の下請けとかなどのトラックが時折壊すのです。もう4回くらいあると思う。

少し段差があるため、子供たちが車を出すときに気を付けるようにじっちゃんに伝えたのです。



4時には雨戸閉めて何を食べようかなと。
お腹が空いてからじゃないと、何を食べるか決まりません。
これで今日はもう終わり。



ちなみに、マグロは食べました。
タンパクの少ない中トロを保護猫「きなこ」が3切れ、私も3切れ。
めったに催促しない「きなこ」が珍しくもっともっとというので、
あと1切れ、ウウウ~、じゃ私も多摩の幸二さんの本わさをすりおろして、山芋はきついので、長芋の山掛けでいただきました。

それからは、「きなこ」は、ドライや缶詰数種類用意してあるのですが、食べようとしません。気に入らないようです。

毎日、マグロ買いに行けないので、鮭の水煮とか、サバの干物とか、用意するのですが、なんとか、仕方なしに食べているようです。

まだ、膝の上に乗ったりとか甘えてこないし、抱かれるのも嫌がるのでほんとうはもっと美人ですが、すこし不細工に映っています。

きなこ



でも、外で遊んでいるときに呼ぶと、走って近づいてくるようになりましたから、きっとあともう少しで、重いから降りてよなんてことが来るかも。

それにしても、猫缶値上がりがひどいですね。
お母さん、やりくりが大変だから、わがまま言わないでねと言い聞かせています。

明日は、観光協会の人が梅の木のチップを取りにきます。
週末予定の体験講習用の染め材量が足りないようです。

ウィズコロナとその後の活動については、考えることがあり、また後日に記したいと思います。



コメント


認証コード1164

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional