藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

桜の木の伐採と藍の花

桜の木の伐採と藍の花

区域の共同利用施設の備品庫を建て替えることが総会で決定し、
10月から工事が始まる予定でした。

桜の木1



桜の木2


コケもびっしりついています。



昨晩電話が入り、本日8時より解体工事と
桜の伐採をするとのこと。

来月に予定していたのですが、
急遽、念のためにのこぎりを持参で出かけました。

職人さんが、チェーンソーで太枝を大まかに切り始めたのですが、
やはり早いですね。あっという間に切り倒してしまいました。

桜の木の伐採


のこぎり持参で正解です。
区長は好みの長さに全部切ってもらえばいい・・・
なんて言っていたのですが、やはりタダ貰いですからね。

頑張って、車のトランクに入るほどの長さに切り始めました。

トランクに入れた桜の枝


のこぎりをひいてトランクに詰めると1時間ほど、
自宅に帰ってトランクから運び出すこと25分ほどかかりました。



朝のうちは40代の元気さ、お昼頃には、60代のおばさん、
4往復終わるころは、70代のおばさん、5往復終える頃は、
80代のおばあさんのような、最終的に夕方終える頃は、
腰の曲がった90のおばあさんのようになってしまいました。



手でおれるような小枝は、土嚢袋に詰め込んだので、
いつでも桜染めができそうです。

土嚢袋の中の小枝



ほんとうは、トランク2杯分もあればよかったのですが・・・
結局、ほぼ桜の木1本分を持ち帰ったことになります。

当分の間は、桜染めを楽しむことができます。



台風12号の影響もそれほどなく、南鳥島近海で発生した
熱帯低気圧も台風になるようですが、それでも日本列島
に近づく気配はないようです。

なんとか暴風に耐えた花芽がたくさんついたり、
花が咲き始めた藍がこのまま無難に咲き誇ってほしいものです。

花が咲き始めた藍



あと1か月は、暴風や台風・豪雨が
無難に過ぎ去ってほしいものです。



忙しくて久しぶりの更新となりました。
明日は明日で予定が詰まっているので、
今夜は早めに爆睡する予定です。



コメント


認証コード0275

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional