藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

藍の苗を発送し始めました。

藍の苗を発送し始めました。

今週は平年より気温が少し高いようで、もう遅霜の心配も
なくなりましたので関東圏から西方面に限って、藍の苗を
発送し始めました。

藍の苗の梱包



先週は冬に戻ったかのような寒さもあり、
藍の葉も少し紅葉してしまいましたが、
めげずに元気に育っています。

種まきを少しずつずらしているので、
随時、生育したものからポット定植しています。



野良猫が3匹も住み着いてしまったため、
彼女たちを求めてオス猫も頻繁に訪れるので
藍の苗を荒らしはしないかと気を付けながら
日ごとに生長する苗を楽しんでいます。

毎年恒例の作業とはいえ、小さな種を蒔いて芽出した苗を
1本ずつポット定植しているとささやかな喜びに満たされます。



自然には自然の法則があり、万物は春に生まれ、
夏には生長し、秋には収穫、そして冬にパワーを
蓄えるという暮らしを心がけておりましたら、
なんと中性脂肪が高くなってしまいました。

フキノトウから始まって、タラの芽の天ぷらなど
溜めこんだ老廃物を排出するためタケノコご飯など
食していますが、自然界は春たけなわで陽気もよい
ですが、体はすこし遅れているような気がします。



これは年齢のせいなのか?とも思われますが、
体の芯から暑くなるまでは、服も厚めに着た
ほうが無難なようです。

春の風は注意が必要で、肌を晒しすぎると
年を取るのが早くなるそうです。

暖かくなっても、急に薄着にしないほうが良いですね。


コメント


認証コード9821

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional