藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

藍の種まき始めました。

藍の種まき始めました。

暖かい日が続き、2月に蒔いた豆の芽が出てきました。

15度を超える日もあり、動くと汗をかくほどでしたが、
水曜日あたりからまた真冬なみの寒気が流れ込んで
くるそうですが、果たしてどうでしょうか。



やはりまだ油断ならぬ季節ですが、例年通り3月に入ってから
少し藍の種をまいてみました。

藍の種をまく



畑のコボレ種で発芽した藍の芽も少しだけ移植を。

藍の芽の移植



畑のコボレ種のほうは、本葉が出始めています。



これから、10日ほどずらしながら随時、
種まきが続くことになります。



さらに今年は、面倒くさいので、元肥を入れずに
少し土寄せをして畝を作ることにしました。

苗を定植してから追肥ですませます。

最初の間は生長が遅いような気がしますが、
肥料を求めて根が広がってきますから、そのあと
どんどん大きくなるはずですからね。



年々横着になっていますが、藍のことが分かれば
いくらでも手抜きもできるというものです。

彼岸過ぎれば、野菜などの種まきもできるので
楽しみも増えます。

冬の間にたっぷりとため込んだ渋り腹も
動けば少しずつ減っていくのだろうか…


コメント


認証コード1202

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional