藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

一番刈り後の恵みの雨

一番刈り後の恵みの雨

今年の藍は寒暖差も激しいが、
例年よりいくらか生長も早いようです。

先日からいくらか刈り込みながら、
摘んだ葉を乾燥させています。

藍葉の乾燥



カラッとしたお天気とはなりませんので、
カビが生えないように十分気をつけています。



畑の中や屋敷周りの草取りや枝卸が一巡し、
刈り取った茎葉から葉をもぎ取るこのひと時が
リラックスタイムともなっています。



天気予報も見ながら、少し気温も低いのですが、
刈り取った茎葉を浸けこみ始めました。

藍の茎葉の浸けこみ



週末には、泥藍を抽出できることでしょう。



もちろん刈り込み後、すぐ追肥を与えておきました。

一番刈り後の藍



順番に刈り込んで仕込んでは泥藍を抽出したり、
乾燥葉を仕上げたりしている間に、最初に刈り
込んだ畝の藍は、この恵みの雨をうけて、どん
どん生長していることでしょう。

散水するより、一雨降ったほうが生長はいいですね。




コメント


認証コード1304

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional