藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

熱帯・温帯地域で作られる玉藍をつくる

熱帯・温帯地域で作られる玉藍をつくる

熱帯・温帯地域で行われる製藍が泥藍法ですが、
各地域によって多少の差はありますが、基本的
には製藍方法は同じといえます。

昨夏共に過ごした加古川の直ちゃんからの連絡で
今年は泥藍の灰汁建てをする予定とのこと。



泥藍は、藍染料としては、色素の含有が
最も多く高品質なものとなります。

藍の茎葉の分量や気温によっても違いますが、
日当たりのよい外で仕込むと1~2昼夜放置、

屋内の場合や気温が少し低いと3~4昼夜放置すると、
藍からインジカンが溶出します。



この溶出時間を見極めるのも大切な作業となります。

時間が短すぎると色素の収量が少なくなりますよ。

また、遅すぎるとインジカンからインディゴに変化するときに、
分離するブドウ糖が雑菌の繁殖の栄養源となってしまい、異性
発酵を起こすこともあります。



難点といえば、還元菌がスクモより少ないため、
灰汁建ての際は、新しい容器では建ちにくいことがあります。

還元菌のことは、高知の藍里さんもかなり気にしてる模様で、
主に自前のスクモの灰汁建てをしています。

そこで、新たに超簡単に「藍玉」ではなく、
「玉藍」を作ることにしました。



とりあえず、

ナンバンコマツナギの乾燥葉の玉藍

玉藍1

ナンバンコマツナギの種から育て始めましたが、
本土では育たず、枯れてしまうようです。

ナンバンコマツナギの苗木



タデ藍生葉の玉藍のサンプル1個

玉藍2



しかし、あいにくの空模様で、カビが生えてきそうです。



秋口に藍の花芽が立ち上がり始める前に、もう一度
タデ藍生葉の玉藍作りに挑戦します。

タデ藍の乾燥葉でも作れるので、これも秋口ですね。



まさかこのままの気候で夏が終わることはないと思うけど、
いずれにしても今年は日照不足が続きますね。

受講者はせっせと泥藍作りに勤しんでいると思うので
灰汁建てする前には、何とかファイルを仕上げないと、
直ちゃんにも申し訳ないですからね。




コメント


認証コード1792

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional