藍を種から育て藍染めを楽しみ、身近な草木から自然の色を染める。藍や草木染めの染色の基礎を知り・学び、創る喜びを共に。

薪用の生木を軽トラックで運び、タルキと交換

薪用の生木を軽トラックで運び、タルキと交換

茨城県の神栖というところの屋敷の庭木を伐採したから
貰ってくれといい、軽トラックで5回も運んでいただきました。

いかんせん生木ですからすぐ使用できず、
積んでおくしかないですね。

生木枝の山



軽トラック2回分は何とか片付けたのですが、
生木ですからとても重いんですよ。

切った枝の長さも長すぎますが、
釜戸の中に入れられればいいんですから。



40年ぶりに電車で千葉駅に降り立ち、
伯父の入院先にお見舞いに行きました。

院内にいる時に電話が入り、折り返し電話すると、
タルキを運ぶからというので、別の日にしてもらいました。



ところがよる帰宅するとまた電話が入って、
すでに軽トラックに積んであるタルキを何とか
下ろさないと、明日の仕事に支障をきたすわけです。

不在の時に一度来訪したようで、庭に積んであった
生木の山を見て、「いいなあ~、うらやましい」と思ったとのこと。

それなら、庭に積んである生木を全部持っていっていいとなり、
夜8時近くになってから、荷台からタルキを下ろし、生木を積んで
一仕事すること1時間ほどです。

やはり、男性の力仕事にはかないませんね。
あっという間に片付けてしまいました。

その後ももう一回タルキと生木を交換したのですが、
80の姉さんに手伝ってもらいました。

荷台の生木



まだあと2回分も残っています。

物干し場の下にも積んであるので、
染布など干せませんから、染められないのです。



実は、お客様より草木染め綿布の作品
の品々の写真が送られてきました。
許可を得ていないので、写真はのせられませんけど。

グラディーションを利かせた、小物作りをなさったようです。



何だか催促されているような気もします。
すでに次のお任せの染め依頼も受けており
新たな生地も送られてきているんですから。

ですから、はやく生木を片付けなければならないのです。




コメント


認証コード4651

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional